IBMの復活

Staff Writer, CNET News.com2004年07月26日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IBMはいかにして自らを改革し、滅亡の危機を免れたのか

 硬直、官僚的、愚鈍---これらの言葉がIBMを表していたのはそう昔の話ではない。IBMは最悪の事態をすんでのところで回避し、今では業界のほとんどの領域でリーダーの座に収まっている。しかし、IBMがこの勢いを次の100年も維持できるかどうかは分からない。

IBMが総力を挙げて取り組む「オンデマンド」戦略には、常にある問いが投げかけられてきた---「これは本物なのか、あるいはいつもの誇大宣伝なのか?」

現在、IBMはハイテクサービス市場のリーダーとなっている。しかし、その成功が今後も続くとは限らない。

IBMは市場での競争を勝ち抜くために、意図的に研究とビジネスの境界線をあいまいにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加