logo

アップル、PowerMacの新型を準備中か---ネットで公開された幻の写真

Ina Fried (CNET News.com)2004年06月07日 09時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerが、サービスマニュアルのなかに、まだ発売になっていないPowerMacの写真を載せていたことから、同社がハイエンドのデスクトップ機についてアップデートバージョンの用意を進めている可能性が浮上した。

 デュアルのG5プロセッサを覆ったヒートシンクや新しい配置になったメモリを撮したこれらの写真は、先月配布されたマニュアルのなかに含まれていたもの。この手違いのニュースやマニュアルに掲載された写真が、AppleInsiderというファンサイトで先週公開された。

 新しいマシンが意外に早く発売になるかもしれないという推測に加え、オンラインのApple Storeでも先日から最新のPower Macの納期が7〜10営業日となっている。製品の改訂が迫ると、予想出荷日が伸びるというのはよくあることだ。

 Appleのある関係者は、同社は未発表の製品についてはコメントしない、と語った。

 また、Appleが数週間以内にフラットパネルを搭載したiMacシリーズの改良版を投入するとの推測もある。同社がPower MacとiMacの両シリーズを最後にアップデートしたのは昨年の11月で、このときは20インチ搭載のiMacを追加し、Power Macにもデュアル1.8GHz版を追加している。

 4月に行った四半期決算報告の電話会議のなかで、同社はG5チップの供給が追いついていないことに関し、Xserve G5サーバの出荷に打撃を受けているとして、チップ製造元のIBMを非難した。これについて、IBMの幹部らは先日、同社の生産ラインの問題が解消に向かいつつあると語っていた。

 Apple最高経営責任者(CEO)のSteve Jobsは、昨年6月に最初のPowerMac G5を発表した際、プロセッサの動作速度が12カ月以内に3GHzに達すると述べていた。

(注記:CNET Japan編集部で確認しているところでは、6月7日午前中の時点で、すでに当該写真は上記ページから外されており、「アップルの法務部門から要求があり、この写真を取り除いた」旨のコメントが書かれている)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集