沖電気と日本インテリジェンス、地方自治体向け位置情報サービスで提携

ニューズフロント2004年06月04日 14時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖電気工業と日本インテリジェンスは、地方自治体を対象とするコールセンター向け位置情報サービス提供で提携した。両社が6月4日に明らかにしたもの。沖電気の位置情報サービスソリューションを日本インテリジェンスのコールセンターに組み込み、「初期導入コストを抑えて位置情報サービスを住民に提供できるシステムを実現する」(両社)。提供開始は6月初旬の予定で、日本インテリジェンスが展開していく。

 この提携により、沖電気は位置情報サービスをASPの形態で日本インテリジェンスに提供する。日本インテリジェンスは地方自治体向けコールセンターのサービスメニューとして位置情報を追加。コンサルティングからシステム構築/支援、サービス体制の構築、運用トレーニングまで総合的に対応する。

 両社は、同サービスの応用例として事故遭遇時の救急車両手配代行/身元確認、介護サービス、産業廃棄物管理、ごみ収集車情報配信、地域バスロケーションサービス、通学路安否確認、徘徊(はいかい)者探索、ペット探索などを挙げる。3年間で30自治体への提供を目指すとともに、企業向けにも積極的にサービスを展開するとしている。

沖電気工業のプレスリリース
日本インテリジェンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加