logo

丸紅と米マトリックス、香港空港公団からRFID関連機器を受注

ニューズフロント2004年06月01日 10時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 丸紅と無線ICタグ(RFID)メーカーの米Matricsは、香港の空港公団からRFID関連機器を受注した。丸紅が5月31日に発表したもの。香港空港公団は2004年末までに手荷物管理用RFID関連機器を空港内の約100カ所に設置する。タグを除いた契約金額は約4億円。

 今後、丸紅とMatricsは、3年間で約5000万個のUHF帯のタグを供給する見込みという。同タグは、RFIDに関する標準化団体EPCglobalの規格に対応しており、通信距離は最大6m。タグの方向に影響されず認識できる特徴を備え、1秒間に最大200個を同時に読み取れるという。

丸紅のプレスリリース
Matrics

-PR-企画特集