logo

ビル・ゲイツの夢はいつ叶う?--Longhornの主要機能、開発の足並そろわず - (page 2)

Mike Ricciuti and Martin LaMonica (CNET News.com)2004年05月14日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Indigoはリリースを前倒し

 Longhornの機能の一部は実現が延期されたが、少なくとも新しい通信システム「Indigo」(コード名)という別の主要機能は、Longhorn発売前にWindows Serverのアップデートの一部として登場する可能性があるとMugliaは述べた。

 Microsoft幹部らの話では、IndigoはLonghornサーバの発売前にリリースされる予定だという。Indigoは異種システム間のデータ相互運用性を向上するための通信ソフトウェアだ。MicrosoftはIndigoを、Longhornの一般発売前に他のWindowsオペレーティングシステム(OS)で提供することにした、と同社のサーバおよびツール担当シニアバイスプレジデント、Eric RudderはCNET News.comに語った。

 「われわれには、IndigoというWebサービス技術をリリースし、Windows Server 2003やWindows XPクライアント上でこれを動かせるだけの力がある。また、Longhornが出た際には、そのなかにIndigoを含めることも可能だ」とRudderは述べ、「まだ具体的日程は決まっていないが、Indigoを他の(Windows)製品で利用できるようにするつもりだ」と付け加えた。

 Indigoは、Webサービスと呼ばれるXMLプロトコルと連動するように、Windowsの通信「配線」を作り替えたものだ。Indigoには、WS-Reliable MessagingやWS-Transactionなど現在開発中のWebサービスプロトコルが実装されており、頑丈なWebサービスアプリケーションを設計できるようになっている。

 Microsoftは、Longhorn発売までの間に、Indigo通信ソフトウェアをバンドルしたWindowsの中間リリースを出すかどうかについて、現在も検討中だとMugliaは述べている。同氏によると、中間リリースがでる場合のタイミングは、来年前半に開始予定のLonghornサーバのベータテストの進捗具合で決まるという。また、2005年後半リリース予定のWindows Server 2003の「R2」アップデートにIndigoを含めるには、テスト期間が足りないだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]