AMDがLinux推進団体OSDLに参加、Linux成長の推進を目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米オープン・ソース・デベロップメント・ラボ(OSDL:OpenSource Development Lab)は4月23日、AMDがOSDLに参加し、OSDLのデータセンターLinux(DCL)およびキャリアグレードLinux(CGL)ワーキンググループに加わる予定だと発表した。

 OSDLは、Linuxの成長とエンタープライズでのLinux採用の促進を目的に2000年に設立されたNPO。Linux開発者であるLinus Torvalds氏も所属している。IT関連のグローバル企業にサポートされ、米国と日本にある最先端のコンピューティングおよびテスト環境を世界中の開発者に提供している。

 今回のAMDの参加は、同社が本格的にLinux市場に乗り出すことを示唆している。

 AMDのマイクロプロセッサ ビジネス部門の副社長であるMarty Seyer氏は、「当社とOSDLは、スケーラブルで信頼性の高い、経済的なエンタープライズ向けLinuxベースのソリューションの開発を加速するという共通の目標をもっている。当社は、OSDLのワーキンググループへの参加を通じて、多くのマイクロプロセッサ・プラットフォームに関する専門知識を生かし、戦略的なOSとしてのLinuxの発展に貢献できる」と述べている。

OSDL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加