logo

NEBA、夏商戦は液晶TVが前年3倍以上の見通し、白物家電にも明るい兆し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本電気大型店協会(NEBA)の岡嶋昇一会長は4月22日に都内で記者会見し、「今年4−6月は、液晶テレビの販売が前年同期の3倍もしくは3.5倍以上になる」との見通しを示した。今夏には、アテネオリンピックが控えているため、「瞬間では4倍以上になる時期もあるのではないか」と予測した。

 また、昨年は冷夏でエアコンの販売が不振だったが、「今年は順当な暑さが訪れるといわれているため、エアコンの販売増が見込まれる。冷蔵庫や洗濯機も技術革新により需要が増える」と、白物家電機器についても明るい兆しになると見ている。

 パソコンについては、「テレビチューナーなどAV(音響・映像)機能を搭載したオールインワンパソコンは好調」であるほか、ホワイトボックスやリユース品などの需要が高まっているという。「お客さんは決してパソコンに対して興味がないわけではない」と強調した。

 一方、ポイント還元や価格競争など競合他社との「消耗戦が激しくなることが懸念材料」とした。また、デジタル家電の需要拡大とともに、メーカーの生産が追いつかなくなることも危惧しており、「潤沢に供給することを期待する」と訴えた。

日本電気大型店協会

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]