logo

アッカ、個人情報流出を受けて情報セキュリティ監査とセキュリティ教育を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アッカ・ネットワークスは4月20日、セキュリティ強化対策として、情報セキュリティ監査、および情報セキュリティ教育の具体策を策定したと発表した。これは、アッカの顧客情報の一部が外部に流出した事件を受けての施策の一環。

 情報セキュリティ監査では、ビジネスプロセスの分析や情報資産などの洗い出しを行い、監査を行った後に、リスク評価に基づく改善策の策定と実施を行う。実施期間は4月下旬から6月下旬にかけて。情報システムの技術面、情報システムの開発・運用面、ビジネスプロセス・体制面におけるセキュリティの現状を総合的に監査する。監査を行うのは、IBMビジネスコンサルティングサービス。

 情報セキュリティ教育では、セミナー形式の集合教育とEラーニングを組み合わせたものを実施する。4月下旬から事業内容に応じた独自の教材およびカリキュラムを作成し、正社員および派遣社員に対して実施する。カリキュラム内容は、セキュリティルールの基礎から取り組み、管理者としての取り組み方など。同社では、情報セキュリティ教育を日常業務の一環として継続的に実施していく方針だ。

アッカ・ネットワークスのプレスリリース

-PR-企画特集