logo

三菱マテリアルとフェニックス、さまざまな形状/材質のRFIDを発行可能なプリンタ

ニューズフロント2004年04月14日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱マテリアルとフェニックスは、非接触ICタグ(無線ICタグ:RFID)の発行に対応するプリンタ「マルチRFIDプリンタPX475シリーズ」を共同開発した。両社が4月14日に明らかにしたもの。同プリンタを使用すると、さまざまな形態のRFIDへの印刷が可能になる。

 RFIDは用途によって形状や材質が異なるので、1台のプリンタで複数種類のRFIDに印刷などを行うことは難しいという。それに対し、同プリンタは、連続ラベルやカード型タグ、特殊サイズ単票タグなどさまざまなRFIDに対して連続データエンコードと表面印字記録を同時に処理する。

 熱転写印字、感熱印字、ロイコ層対応リライト印字など複数の印字方式に対応しており、用途に応じて適切な方式を選択できる。さらに、金属上でも動作可能なオンメタルタグや耐熱タグなど、特殊な形状や材質のタグに対してもデータエンコードと印字が行える。

 当初、標準で対応するRFIDは三菱マテリアルのBitTagカードタグ/ラベルタグだが、ISO15693準拠チップを搭載したタグにも対応する。

 税込み価格は84万円から。同日より販売を始める。

三菱マテリアルのプレスリリース
フェニックス

-PR-企画特集