logo

ミラクル・リナックス、国際化版Samba3.0を公開

ニューズフロント、早津優美(CNET Japan編集部)2004年04月01日 16時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラクル・リナックスは4月1日、国際化作業を終えたSamba3.0をGNU General Public License(GPL)に従いウェブサイトで公開した。同社が同日明らかにしたもの。

 Sambaは、Linux上でWindows NT/2000サーバと互換性のあるファイル/プリントサーバ機能を提供するオープンソースソフトウェア。ドメインコントローラやWINSサーバなどの機能も備えるので、WindowsサーバをLinuxマシンに置き換えられるという。

 同社は情報処理推進機構(IPA)の実施する「オープンソフトウェア活用基盤整備事業」の支援を受け、2003年9月からSamba3.0の国際化作業を進めていた。この作業は、日本語環境で発生するSamba3.0の問題改善を目的とし、以下の成果を達成できたとする。

  • 国際化対応:
     Samba3.0の新機能であるドメイン間信頼機能、Active Directoryドメインへの参加機能、Windows NT4.0 Serverからの移行機能を国際化したほか、サーバ機能、ファイルサーバ、プリントサーバ、ドメインコントローラ機能や管理機能の国際化も行った
  • Samba2.2日本語版からの移行ツール:
     旧版の日本語版から環境を移行させるためのツールを開発した
  • マニュアル、資料の日本語化
  • 日本語環境における検証および、テストツールの整備

 同社は、2004年6月中旬出荷予定のMIRACLE LINUX V3.0に国際化対応済みSamba3.0を組み込んで提供する。さらに、Sambaに特化したコンサルティングメニューを強化するとともに、「WindowsユーザのためのSamba導入コンサルティング」メニューの提供や、無償セミナー「WindowsユーザのためのSamba導入講座〜MIRACLE LINUX V3.0 Preview〜」の開催を予定している。

 同様の機能を提供するソフトウェアとしてはマイクロソフトのWindows Services for UNIXが知られているが、同製品はバージョン3.5以降無償で提供されている。

ミラクル・リナックスのプレスリリース

-PR-企画特集