KDDIとNECなど5社、「ブロードバンド コンソーシアム ジャパン」を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、日本テレコム、NEC、日立製作所、松下電器産業の5社は3月31日、FTTHでの通信環境をベースとするブロードバンドネットワークおよびブロードバンドサービスの市場拡大を目的とした新たなコンソーシアム「ブロードバンド コンソーシアム ジャパン(BBジャパン)」を設立することで合意したと発表した。

 同コンソーシアムでは、ブロードバンド/ユビキタスネットワーク時代に向け、ブロードバンド関連事業者が広く連携することでブロードバンドインフラ、プラットフォーム、コンテンツ、サービスの普及を促進し、健全な市場拡大を図っていく。

 また、コンソーシアムの設立を期に、ISPを中心としてインターネットサービス事業について検討してきた「メガコンソーシアム」(77社)とノンPC機器を中心とするインターネットサービスについて検討を重ねてきた「NonPCインターネットコンソーシアム」(26社)をそれぞれ発展的に解消し、その成果を同コンソーシアムに統合し、継承していく方針。

 今後「BBジャパン」では、ISPからコンテンツプロバイダ、アプライアンスメーカー、システムインテグレータ、キャリア、ディベロッパーに至るまで、ブロードバンドに関連する事業者を対象に広く、同コンソーシアムへの参加を呼びかけ、4月中の正式設立を目指す。

 なお、「BBジャパン」の活動概要としては、

  1. FTTH環境を生かしたキラーサービスの具体化についての共同検討、共同企画(映像コラボレーションサービス、映像コミュニケーションサービスなど)

  2. FTTH時代の新しいビジネスモデル/ビジネススキームの具体化についての共同検討、共同企画(放送型ビジネスモデル、多層的回収型ビジネスモデルなど)

  3. ブロードバンドプラットフォーム/インフラの整備促進(地域限定トライアルなど)

――の3つを予定している。

ブロードバンド コンソーシアム ジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加