logo

ラウンドアップ:検索・ポータル戦線、異状あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラウンドアップ マイクロソフトが従来他社に遅れをとっている(同社CEO)とされていた検索分野で、ウェブログやソーシャルネットワーキングを絡めた新サービスの計画を明らかにする一方、ヤフーでは同社CEOがライバルにあたると見られていたMSNとの連帯を強調したほか、欧州最大の比較購買サービスを買収するなど、検索・ポータルの分野で大きな動きが見られた。

ヤフー、欧州の比較ショッピングサイトを買収--対グーグル色鮮明に ・ヤフーは、欧州最大のオンラインショッピングサービスを約5億7900万ドルで買収することに同意したと発表した。 ---2004年3月29日

ヤフーとマイクロソフト、オンライン広告戦線で連帯を強調 ・ことオンライン広告に関する限り、ヤフーとマイクロソフトとは同じチームに属する仲間だと、ヤフーCEOが強調した。 ---2004年3月29日

ビル・ゲイツ:「インターネット業界はミニバブル」 ・ビル・ゲイツはネット業界で現在「小規模なバブル状態」が見られるが、ただしこれが数年前のドットコム・バブルのレベルまで膨らむことにはならないだろうと語った。 ---2004年3月29日

ブログやソーシャルネットワークも--マイクロソフト、検索分野で積極攻勢 ・マイクロソフトは、ウェブログのニュースアグリゲーション・サービス開始や、ソーシャルネットワーキング製品の開発を計画していると発表した。 ---2004年3月29日

S・バルマー、ウェブ検索とオンライン広告の将来を語る ・マイクロソフトのCEOは、今後10年間に、PCとテレビ、携帯機器を隔てる仕切りが存在しなくなることから、全てのメディア支出が最終的にオンラインで使われるようになると語った。 ---2004年3月26日

-PR-企画特集