アドビと日本SGI、コンテンツ一元管理システムの提供で協業

ニューズフロント2004年03月09日 15時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビ システムズと日本SGIは3月9日、画像/映像や各種文書などあらゆる電子データを一元管理するシステム「コンテンツ統合管理システム(ASSET Express)」の提供で協業すると発表した。これにより両社は、企業や官公庁/自治体などを対象に、コンテンツ管理市場の開拓に向け技術協力や共同マーケティングを行う。

 この協業を通じ日本SGIは、同社のデジタル資産管理ソリューションSGI Infinite Media Library(IML)とアドビのAdobe Intelligent Document Platformを統合して画像/映像などのリッチコンテンツを一元管理するソリューションASSET Expressを開発。コンサルティング/インテグレーションサービスを提供する。

 アドビは文書の生成/コラボレーション/セキュリティやプロセス管理に関する製品を提供するとともに、日本SGIに技術支援を行う。

 なお、ブロードバンドネットワーク、ホスティングサービス、電子認証/署名といった分野の技術については、NTTコミュニケーションズが協力するという。

アドビ システムズのプレスリリース
日本SGI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加