logo

日立、Linuxクラスタリングソリューションで大塚商会と提携

ニューズフロント2004年03月09日 15時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は、米SteelEye TechnologyのHAクラスタソフトウェアSteelEye LifeKeeper for Linuxと自社製品を組み合わせたソリューションの販売について、大塚商会と提携関係を結んだ。日立が3月9日に明らかにしたもの。日立は、SteelEye LifeKeeper for Linuxに同社のサーバHA8000シリーズやディスクアレイサブシステムSANRISEシリーズなどを組み合わせたLinuxソリューション/サービスを用意し、同日提供を開始する。

 SteelEye LifeKeeper for Linuxは、大塚商会の関連会社であるテンアートニが国内販売権を持つLinuxクラスタリングソフトウェア。世界的に市場シェアが最も大きく、高速なクラスタ系切り換えが特徴という。

 日立はテンアートニからSteelEye LifeKeeper for Linuxの提供を受けて自社製品と組み合わせたソリューション/サービスを販売する。大塚商会は日立からHA8000シリーズやSANRISEシリーズなどのハードウェアやソフトウェア、技術サポートの提供を受け、これらの製品とSteelEye LifeKeeper for Linuxおよびサポートサービス「TOTALαサポート21」を組み合わせたソリューションの提供を行う。さらに両社は、日立のプラットフォーム検証施設であるハーモニアス・コンピテンス・センタにおいて、システム構成の検証と性能評価を共同で実施する。

 日立が提供する主な製品/ソリューションの価格と概要は以下の通り。

  • LifeKeeper for Linux v4.4:HAクラスタシステムの中核製品。48万円から
  • Apache Web Server ARK v4.4:HAクラスタシステムにApacheを組み込むためのオプション製品。8万4000円から
  • Oracle ARK v4.4:HAクラスタシステムにOracleを組み込むためのオプション製品。24万円から
  • LifeKeeper for Linuxサポートサービス:LifeKeeper for Linux v4.4に対する問題解決支援の提供。年間12万円から
  • Linuxテクニカルサービス:LifeKeeper for Linuxを用いたHAクラスタシステムの構築支援。価格は個別見積もり

日立製作所のプレスリリース

-PR-企画特集