インデックス、第3世代携帯向けコンテンツ事業強化でギャガと資本提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インデックス(小川善美社長)は2月10日、ギャガ・コミュニケーションズ(丸茂日穂社長)の第三者割り当て増資を引き受け、1億5000万円を出資すると発表した。今回の資本提携で、ギャガが発行する新株700万株のうち30万株を引き受け、増資後の保有株式の割合は1.78%となる。

 インデックスでは、映画などのハイクオリティな映像コンテンツを豊富に所有するギャガとの協業によって、第3世代携帯電話やブロードバンド市場でのコンテンツ開発に注力し、コンテンツ供給力を高めるほか、映像を核とした各種サービス事業の強化を図っていく方針。

 一方、ギャガは、モバイルおよびブロードバンド事業を展開するインデックスと協業することで、事業展開のスピードを速め、映画を中心とした事業から映像コンテンツプロバイダ事業への強化を図る。

 今後インデックスは、第3世代携帯電話およびブロードバンド事業に対して、

  1. 企画・制作した映画を始めとするコンテンツの配信
  2. Eコマースにおけるコンテンツの販売
  3. 優良コンテンツのプロデュース
  4. キャラクターライセンス販売の海外展開
  5. ニューメディアにおける新しい権利の開発

 ――などの協業を検討していく。

インデックス
ギャガ・コミュニケーションズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加