logo

NEC、トリップワイヤ、KCCSがセキュリティソフト分野で協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NEC(金杉明信社長)、トリップワイヤ・ジャパン(北原真之社長)、京セラコミュニケーションシステム(KCCS、本社・京都市、森田直行社長)の3社は2月9日、セキュリティソフト分野における製品開発および販売に関して協業することを発表した。

 販売においては、NECとKCCSが販売しているセキュリティソフトを相互に供給し合い、それぞれのチャネルにおいて2月から販売開始する。

 具体的には、NECがKCCSに対し、改ざんされたコンピュータシステム上のデータを自動的に復旧する「SERVERW@TCH for Tripwire」を提供する一方で、KCCSがNECに対し、システムの整合性を保証するトリップワイヤ製の「Tripwire for Servers」を提供する。

 さらに、NECでは、「SERVERW@TCH for Tripwire Ver1.1」と「Tripwire for Servers 4.0 日本語版」をセットにした「SERVERW@TCH/Tripwireパック」を製品化し、2月27日から販売開始する予定。価格は32万6千円。05年3月までに500本の販売を見込んでいる。

 製品サポートに関しては、3社共同で、「SERVERW@TCH for Tripwire」と「Tripwire for Servers」を組み合わせたシステムの動作検証を実施するとともに、ユーザーからの技術問い合わせへの対応やバージョンアップ情報の提供、障害発生時の調査・対応情報の提供などに取り組んでいく。

 また、ユーザー情報の共有や相互紹介のほか、Webによる商品・技術情報の提供、共同セミナーの開催、共同広告の実施などのマーケティング活動、および展示会や販売推進活動でも協力していく。

NEC
トリップワイヤ・ジャパン
京セラコミュニケーションシステム

-PR-企画特集