logo

ヤフーとエーオン、オンライン保険代理店開設に向け合弁会社を設立

ニューズフロント2004年02月05日 15時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーと米国の保険会社Aonの日本法人エーオン リスク サービス ジャパンは、インターネットで保険代理店事業を展開する合弁会社の設立について合意した。両社が2月5日に明らかにしたもの。両社は2004年2月に合弁会社ワイズ・インシュアランスを設立し、今春よりポータルサイトYahoo! JAPAN上にオンライン保険代理店を開設する。

 合弁会社の資本金は5000万円。出資比率はヤフーが60%、エーオンが40%。各種生命保険や損害保険を取り扱う。

 ヤフーは、これまでYahoo! JAPANの「Yahoo!ファイナンス」内で保険関連の各種情報提供サービスを運営してきた。合弁会社の設立後は、ユーザー向け保険関連サービスの拡充を図るとしている。また保険会社向けには、これまでの各種保険商品の販売促進活動の場だけでなく販売プラットホームも提供し、従来の広告事業に加えて保険商品の販売代理店事業を展開する。

ヤフーのプレスリリース
エーオン リスク サービス ジャパン

-PR-企画特集