ルネサス テクノロジ、携帯向けプロセッサにWindows Mediaなど搭載

ニューズフロント2004年01月22日 19時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルネサス テクノロジは1月22日、携帯電話機向けアプリケーションプロセッサSH-Mobileシリーズに、米Microsoftと米RealNetworksのデジタル音声/動画圧縮技術であるWindows Media Audio/Video 9シリーズと、RealAudio 10およびRealVideo 10を搭載すると発表した。

 SH-Mobileにこれらの技術を搭載することで、携帯電話機を対象としたマルチメディアコンテンツ再生/配信サービスの実現が可能となる。また、パソコンやPDAなどの情報機器と連携する携帯電話システムの構築に向けたソリューション提供が可能となる。

 同社は製品化第1弾として、Windows Media Audio 9ベースのSH-Mobile用ミドルウェアを2004年3月には販売するとしている。同製品の特徴は以下の通り。

  • Windows Media Audio 9対応ソフトウェアデコーダ
  • SH-Mobile用に処理を最適化し、128kbpsの44.1KHz/ステレオデータの場合、プロセッサの負荷は40MHzとなる
  • C言語インターフェースを用意しており、システムやアプリケーション構築が容易

ルネサス テクノロジのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加