logo

NTTデータ、ASP型シングルサインオンサービス「e-z-Login」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータは1月20日、1つのIDとパスワードで認証が必要な複数のサイトにログインできるシングルサインオンサービス「e-z-Login」をASPサービスとして提供すると発表した。料金は、初期導入費用30万円、1利用者あたりのサービス利用料が月額30円からとなっている。

 e-z-Loginは、インターネット上の認証が必要なサイトにログインするためのIDとパスワードをNTTデータが構築するサービスセンターに預け、利用者はサービスセンターで一度認証を行うだけで各対象サイトへのログインが可能となるサービス。ASPサービスとして提供するため、短期間でサービスが導入できるだけでなく、シングルサインオン先のサイトのシステム改造が不要だ。

 また、サービスセンターでは、利用者のID・パスワード以外の個人情報を収集せず、またID・パスワード情報は物理的なハードウエアセキュリティモジュールによって暗号化され、システム運用者にも参照が不可能という厳格な管理を提供する。

 NTTデータでは、カード・証券・通信・ポータル・ショッピングサイトなどを中心に営業を行い、平成17年度までに20社の利用と5億円の売上を目指す。また、将来的には、アカウントアグリゲーションサービスやWeb明細サービスとの連携も視野に入れている。

NTTデータのニュースリリース

-PR-企画特集