logo

映画にもやっとダウンロードサービス登場--DVDクオリティで、保存可能

Stefanie Olsen(CNET News.com)2004年01月16日 23時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンラインの映画レンタル会社、CinemaNowが、新しい試みを開始した。このサービスでは、ユーザーがオンラインで購入した映画コンテンツをPCにダウンロードし、そのまま保有できるようになる。

 同社は15日(米国時間)、自社のPC向けデジタル映画サービスにいくつかの新機能を追加した。このなかには、作品の所有を前提としたダウンロード販売機能もふくまれている。これを利用して映画を購入したユーザーは、以後何度でも再生できるという。

 「ユーザーが、DVD品質の映画コンテンツをダウンロードし所有できるようにすることは、映画のデジタル配信において次に開拓すべき分野である」と、CinemaNowの最高経営責任者(CEO)、Curt Marvisは声明のなかで述べている。

 顧客はまた、月極の定額サービスを契約したり、1本ごとに料金を支払って映画を見ることも可能だ。

 CinemaNowや、ハリウッド(の映画各社)が資金を投じて始めたMovielinkには、顧客の獲得に際して直面する障害がいくつかある。そのひとつは、ユーザーがPC用ディスプレーではなく(テレビなどの)大画面で映画を観ることに慣れているという点。ブロードバンド回線の普及が進み、また技術が進歩したことで、オンラインを使った映画配信ビジネスも見通しが改善したが、それでもまだ不利な状況にある。

 CinemaNowは、さまざまな種類のサービスモデルを試すことで、新しい配信方法に顧客の需要があるかどうかを測り、また彼らの習慣を変えることができるかもしれない。同社は、海賊版DVDのダウンロードに替わる合法的な配信手段を提供している。海賊版DVDは同社のパートナーであるハリウッドの映画会社にとっての大きな懸念の源だった。

 さらにサイト変更の一部として、CinemaNowはブロードバンド顧客用の革新的なダウンロード機能を導入した。この機能は、ユーザーが新たにレンタルした映画を、ダウンロード開始から30秒以内で観られるように設計されたもの。また、ユーザーがインターネットに接続していない時でも映画を観られるようになった。

 CinemaNowの新しいサービスで提供される作品には、サーフィンを題材としたドキュメンタリーの「エンドレスサマー」などもあるが、同社によると、これらの作品はMicrosoftが開発したWindows Media DRMソフトで保護されているという。Windows XP Media Center搭載のPCをもつユーザーは、今年後半には、新たに発表されたWindows Media Center Extenderを使って、ダウンロードした映画をテレビでも観られるようになると、同社は付け加えた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集