OSDL、米SCOとの法廷闘争用資金を援助する基金を設立

ニューズフロント2004年01月14日 14時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxの普及促進を図る非営利団体Open Source Development Lab(OSDL)は、米SCO Groupからライセンス違反で提訴されたLinuxユーザーを保護するための基金、Linux Legal Defense Fund(法的防御基金)を設立した。OSDLが米国時間1月12日に明らかにしたもの。LinuxユーザーがSCOの訴訟に巻き込まれた場合には、OSDLは同基金を通じ法的費用を援助する。

 同基金について、OSDL最高経営責任者(CEO)のStuart Cohenは、「SCOが訴訟を起こしている法的な脅迫に対し、OSDLがLinux業界全体と協力して断固たる姿勢をとる、という明確なメッセージ」と説明する。

 同基金は、全額を独立した寄付でまかなう。現時点で、米IBM、米インテル、米MontaVista Softwareなどの企業から300万ドル以上の資金が集まっているという。

 OSDLは基金の目標額を1000万ドルとし、個人、団体、企業からの寄付金を受け付けている。同基金の詳細と寄付の方法については、OSDLのウェブサイトに掲載している。

Open Source Development Labのプレスリリース(英文)
Open オープン・ソース・デベロップメント・ラボ ジャパンのプレスリリース(OSDLによるプレスリリースの抄訳)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加