logo

ビル・ゲイツ、COMDEX基調講演-−「シームレスコンピューティング」を打ち出す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発--米Microsoftの会長、Bill Gatesは16日(米国時間)、当地で始まったComdexトレードショーで基調講演を行った。例年よりスーツ姿が目立つ聴衆を前にして、Gatesは「シームレスコンピューティング」と名付けた新たなコンピューティング時代の到来を告げようとした。

 Gatesは毎年Comdexでスピーチを行っており、今回で20回目となる。今年のスピーチでGatesは、スパムとセキュリティの脅威による落とし穴とともに、新しいソフトウェアの可能性について概略を述べた。多くの課題が待ち受けているが、やがてIT技術にブレークスルーが起こり、ユーザーはいまよりも苦痛なくコンピュータを利用でき、より豊かな経験ができるようになるとの自説を、Gatesは披露した。

 スピーチを始めるにあたって、Gatesは20年前自分がはじめて基調講演を行った時の姿を写したスライドを見せた。当時Microsoftは、ユーザーの意表を突くことのないソフトウェア、ユーザーが理解でき、また信頼に足るソフトウェアを作り上げることに焦点を当てていた。

 「いまだ、途半ばだ。ソフトウェアに関するこれらの重要な属性は、今日でもいまだに我々が焦点を当てているものである」(Gates)

 Gatesはまた、Smart Personal Object Technology(SPOT)を利用した腕時計を披露したが、このFM電波を利用してスポーツの得点経過や天気などの情報を届けるデバイスが一般発売になるのは、来年前半になると述べた。

 ますます高まるスパムメールの脅威に対抗するために、Microsoftは、さらに強力なスパム対策用ソフトを、Exchangeサーバ、Outlook 2003、Hotmailなど、自社のさまざまなメッセージング製品に追加しようとしている。たとえば、来年前半に出荷予定のExchangeには、Intelligent Message Filterが追加され、ネットワーク管理者に対してスパムから企業のサーバを守るための強力なツールを提供するという。

 Gatesは、スパムの氾濫を経済的な問題として取り上げた。つまり、マーケッターにとって電子メールがきわめて効率的なコミュニケーションの手段であるために、スパムがこれほどまでに増大しているという。「レスポンスの確率が、たとえ1万分の1でも、そのメールを出したモトがとれる(それほど電子メールはコストがかからない)」(Gates)

 しかし、テクノロジーと新たな法律を合わせて用いれば、この費用対効果のバランスを変えることも可能だとGatesは語り、Microsoftで開発に取り組んでいる、たとえば「ホワイトリスト」のような技術を例に挙げた。この技術は、必要なメール以外は自分の受信箱に紛れ込まぬようにするものだという。「我々は、こうした新しいアプローチが、流れを変えると信じている」(Gates)

 デスクトップ分野については、Microsoftは現在SmartScreenという技術を利用して、スパムのフィルタリングを行っており、この機能はすでにOutlook 2003に搭載されている。これは、あるPCユーザーがどのメッセージをジャンクメールと見なすかを、ソフトウェアに「学習させる」というものだ。

 また、MicrosoftはInternet Security and Acceleration(ISA)サーバの新バージョンも披露した。同ソフトウェアは、企業のITネットワーク内で動いているソフトウェアコードの安全性を確保するよう設計されたもの。Microsoftは、来年はじめにテストベースで同製品の提供を開始し、来年中頃には最終版をリリースする予定だ。

 この新バージョンは、2000年に登場したISAサーバにとって、最初のメジャーアップデートとなるもので、セキュリティ機能が強化され、ファイアウォールとWebキャッシング機能を提供する。Microsoftによると、新バージョンでは管理機能が改善されたほか、VPN(仮想プライベートネットワーク)機能も強化されるという。

 Gatesはまた、「私が目にしたもの」というリサーチプロジェクトをはじめて紹介した。これは、あるコンピュータユーザーが目にしたものをすべて記録しようとするものだ。既報の通り、このプロジェクトは、それまでにアクセスしたウェブサイトや目にした電子メール、さらにはPCに搭載されたハードディスク上にある無数のフォルダーのなかに紛れ込み、見つけ出すのがますます厄介になっているその他のファイルなどを、見つけ出しやすくするよう設計されている。

 このプロジェクトはまだ研究段階だが、同社が現在進めている、検索技術を強化し、またこれまでより堅牢なファイルシステムをつくろうとする試みと、この取り組みは一貫したものだ。WinFSと呼ばれるこのファイルシステムは、2005年または2006年に登場予定の次期Windows、「Longhorn」に搭載されるとみられている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集