米AMD、Athlon 64の詳細を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発-- 米Advanced Micro Devices(AMD)は23日(米国時間)、同社の64ビットプロセッサシリーズのほうが、依然32ビットにとどまっている米IntelのPentium 4シリーズよりも、お買い得になると主張した。

 理論的な性能ではAMDに軍配が上がるはずだが、AMDは、長年かけて開発した新Athlon 64シリーズの発売に際し、いくつか問題に直面している。64ビットチップは、サーバやワークステーション市場に食い込んでいるものの、デスクトップコンピュータにはそれほどの性能向上は必要ないと考えているアナリストやハイテク企業が多いことも、大きな問題の1つだ。

 AMDは23日、サンフランシスコのYerba Buena Center for the Artsで開いた豪華なAMD Athlon 64発売イベントで、この問題に対処しようとした。予想通り同社は、デスクトップ用Athlon 64 FXプロセッサや、デスクトップ及びノートパソコン用Athlon 64モデルなど、新チップシリーズのモデルを複数リリースした。

 AMD側の最大の売りは、PCメーカーにとっては、Athlon 64のほうが、同等のIntel製32ビットチップより、実質的にかかる金銭的コストが低くなるはず、ということだ。

「AMDは、実質的に64ビット機能を無料で提供している」とInsight 64のアナリスト、Nathan Brookwoodは言う。

 新チップの価格と性能を発表し、同チップを搭載したシステムも間もなく発売されるという状況で、AMDには大変な仕事が残っている。

 「ポイントは、新チップが発売となり、そしてAMD製品にはIntelの製品と競合できる性能がある、ということだ」と米Mercury Researchのアナリスト、Dean McCarronは言う。「いまやAMDには売るべき商品があるので、次はチップ生産の話になる。2004年後半まで景気は非常によさそうだ。そこで大きな問題となるのは、今からそれまでに、AMDがどれだけ(のチップ)を販売できるか、またどれだけ素早く生産ラインを立ち上げられるかということだ」(McCarron)

 AMDは現在、パソコンプロセッサ市場で16%前後のシェアを握っており、今年第2四半期のシェアは15.7%だったと、McCarronは述べている。AMDは以前、シェアが22%にまで達したこともある。

 AMDは他にも、ユーザに32ビットから64ビットのソフトウェアに早く移行するよう説得するといった課題を抱えている。64ビットチップへの移行で得られる主なメリットは、32ビットコンピュータで現在搭載できる最大4GBというメモリ容量の制約がなくなり、一度に4GB以上のデータを処理できるようになるという点だ。

 しかし、最先端のパソコンに4GBのメモリが標準装備されるようになるのは2005年、また平均的なシステムが4GBのメモリを搭載するようになるのはその翌年になるだろう、とBrookwoodは見積もっている。

 Athlonは大型チップなので生産コストが比較的高い、という問題もある。Athlonチップは195平方mmで、Intelの現行Pentiumチップの150平方mmよりサイズが大きい。またIntelは、次世代PentiumのPrescott(コード名)のサイズが、わずか112平方mmになると述べている。

 Intelとコストベースで競合したければ、AMDは今後6〜9カ月の間にもっと小型のAthlon 64をつくり出す必要がある、とBrookwoodは述べている。「デスクトッププロセッサとしては、これが長期的に優れた解決策でないことは明らかだ。AMDはチップを縮小しなければならない」(Brookwood)

 AMDでは、2004年前半に、Athlon 64とサーバ用Opteronチップの製造工程を、130ナノメートルから90ナノメートルに移行すると述べている。配線が細かくなることで、AMDはチップサイズを縮小し、クロックスピードを上げられるようになる。

 64ビットシステムの現状での必要性には議論の余地がある。だがAMDは、現在のアプリケーションを高速に稼動できるうえ、将来は64ビットプログラム用にアップグレードできるチップを購入することで、顧客は「将来を保証できる」と主張できる。

 この主張に反応する顧客も、反応しない顧客もいるだろう、と米IDCのアナリスト、Alan Promiselは言う。

 AMDはAthlon 64製品の正式な価格を発表した。ただし大手コンピュータメーカーでは、各社独自に価格契約を結んでいる。

 AMDによると、最高性能のデスクトップ用Athlon 64 FX-51は、2.2GHzの動作速度で、1000個単位の購入で1個733ドルだという。また、デスクトップとノートパソコン用の標準Athlon 64 Model 3200+チップの価格を共に1000個単位の購入で417ドル、ノートパソコン用のAthlon 64 3000+チップを278ドルとしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加