logo

米ゼロックスが視覚障害者向けのアシスタントソフトウェアを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Xeroxは3月20日、視覚障害者向けのデジタルコピーソフトウェアを発表した。同社はこの取り組みで、視覚障害者向けに市場を広げるだけでなく、政府機関への売り込み増大も狙う。今回発表されたXerox Copier Assistantソフトは、視覚障害者がコンピュータや同社のXerox Document Centre 500 Seriesを介助なしで使えるようにするもの。近年、Xeroxをはじめ、米国のITや電子機器関連各社は、米リハビリテーション法508条に基づき、障害者向けの製品開発に取り組んでいる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]