logo

ノートPC向け大容量HDDが相次いで製品化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は最大60〜80GBの容量を持つノートパソコン向けHDDを開発した。これで現行の20、30、40GBタイプに加えてHMTファミリーは5種類になった。新開発のHDDは、ディスクの記録密度を1インチ四方当たり69.3ギガビットまで高めることで大容量化を実現している。一方、日立グローバルストレージテクノロジーズでも高密度記録の80GB HDD「Travelstar 80GN」を発表。こちらはすでにHPやDell Computerが発表する予定の新型ノートPCに搭載される見通しだ。

-PR-企画特集