logo

東芝、Cebit見本市で新燃料電池の試作品発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は来週ドイツで開催されるCeBit見本市で、新たなノートパソコン用燃料電池Direct Methanol Fuel Cell(DMFC)の試作品を発表する。この燃料電池は、環境への負担が大きい現行の充電式電池をクリーンエネルギーで置き換える可能性があるという。DMFCは1カートリッジでノートパソコンを約5時間稼動でき、サイズは275ミリ×75ミリ×40ミリ。同社は今後もDMFC開発を続け、来年にも商用化したい考え。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]