logo

日本AMD、デスクトップPCプロセッサを発表

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年02月10日 18時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本AMDは2月10日、デスクトップパソコン用プロセッサ 「AMD Athlon XPプロセッサ3000+」を発表した。「業界標準のベンチマークで、競合するデスクトップ・パソコン・プロセッサと比べて最大17%優れた性能を発揮する」(同社)。

 同プロセッサを搭載したパソコンは、欧州のNEC Computers International(NEC-CI)が即日出荷した。このほか世界のパソコンメーカ各社が出荷を予定しているという。

 AMD Athlon XPプロセッサ3000+は、QuantiSpeedと呼ぶ命令実行技術とマルチメディア向けプロセッサ技術、3DNow!を搭載する。合計640Kバイトのオンチップ・キャッシュ・メモリーを搭載し、「これまでのAMD Athlon XPプロセッサ比で約70%増、デスクトップPCプロセッサとしては最大の容量」(AMD)とする。

 1000個ロット時の単価は7万3500円。銅配線と0.13μmルールを採用し,ドイツのドレスデンのFab 30で製造する。

日本AMD

-PR-企画特集