お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ビクター、業務用MiniDVとHDDの一体型DVDビデオレコーダーを発売

2007/01/23 20:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは1月23日、業務用のMiniDVとHDDの一体型DVDビデオレコーダー「SR-DVM700」を発売した。

 SR-DVM700は、高画質ダビングを実現するDV Native機能を搭載した業務用DVDビデオレコーダーだ。MiniDVデッキを搭載したものは業界唯一だという。DV Native機能はDVフォーマット記録の機能で、約 25Mbpsでの高画質、高音質での記録再生を実現する。これにより、MiniDVテープからHDDへの高画質ダビングが可能になっている。また、フレーム間圧縮の採用で編集画像のつなぎ目を自然にするシンクロナイズドエディティングシステムも採用している。

 搭載HDD容量は250Gバイト、MPEG-2記録で最大約473時間の記録が可能だ。DVの業務用フォーマットであるDVCAM再生にも対応。DVDドライブはDVD-R、RW、RAMのマルチタイプを装備する。パソコンとの接続はRS-232C、ワイヤードリモコンでの制御も可能になっている。価格はオープンだが、20万円前後にて販売される見込みだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社