お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

PS3も登場、Blu-ray関連企業18社が発表会を開催

2006/08/29 22:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次世代ハイビジョンディスクとして注目を集めるBlu-rayディスクの製品発表に関して、ハード、ソフトの関係各社が一堂に会し発表会を行った。

 発表会に登場したのは、ウォルトディズニー・ジャパン、角川エンタテインメント、ジェネオン エンタテインメント、GDH、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、ソニー・ミュージックエンタテインメント、20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン、バンダイビジュアル、パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン、プロダクション・アイジー、ポニーキャニオン、翼人伝承会、ワーナー エンターテイメント ジャパンのソフト13社、シャープ、ソニー、パイオニア、日立製作所、松下電器産業のハード5社の全18社だ。

Blu-rayディスクに携わるソフト、ハードメーカーが一堂に会して発表会が行われた。発表会の最後では各社からの出席者が登壇した

 発表会冒頭に挨拶を行った、ソニーコーポレートエグゼクティブSVPの西谷 清氏は「1990年代から開発スタートしたBlu-rayは、21世紀には必ずハイビジョンの時代がくる、と信じて作ってきた製品。ビデオカメラや薄型テレビなどハイビジョン化が進む中で、ハイビジョンを扱えるBlu-rayは、ホームシアタープラスαを目指した製品を提供していく」と語った。

 会場には、ソフトメーカー各社から今年秋から発売されるBlu-rayソフトがズラリと並べられたほか、ハードメーカーから参考出品展示があった。

既にBlu-rayプレーヤー搭載を表明している次世代ゲーム機PS3も登場

 中でも、ソニーからは話題の「PS3」が展示されたほか、現行製品よりもグっとスリムになったBlu-rayモデルが登場。パナソニックからはBlu-rayプレイヤーのほか、PC用のドライブも展示された。

 AV製品という観点から見ると、特に動きが停滞していたBlu-rayだったが今回の発表を機に、今年後半にかけて、新製品の登場相次ぐことが予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社