お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

東芝製ノートPCが149ドル--値引き傾向が強まる米年末商戦

2005/12/20 15:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CompUSAは米国時間18日、America Online(AOL)に1年間加入する条件で550ドルのキャッシュバックを提供し、東芝製ノートPCを149.99ドルで販売した。この特別提供はわずか16時間で終了したが、一時的にせよ、ノートPCの新たな底値をマークした。

 CompUSAは同日、AMDのSempronプロセッサを搭載したCompaqブランドのデスクトップも同様に、480ドル相当のキャッシュバックや値引きにより、99.99ドルで販売した。

 小売業界は2005年、店頭にお客を呼び込むため、特定の製品を大幅に割り引いて提供するという販売戦略をとった。例年買い物客で最もにぎわうブラックフライデーといわれる感謝祭翌日にWal-Martは、HP製ノートPCを398ドル、携帯電話「RAZR」を68ドルで店頭に並べた。

 Wal-Martは2003年、このような目玉商品を提供しなかったため、ブラックフライデーの電化製品の売れ行きは低調だった。しかし2005年のブラックフライデーには、午前5時から客が並び始め、開店と同時に人が押し寄せた。好調な売れ行きを見せたのはPCや液晶モニタだった。

 買い物客は、CompUSAにも押し寄せた。CompUSAチェーンのエグゼクティブバイスプレジデントで量販担当のBrian Woodsによると、同チェーンでは、2時間で7500台のノートPCを販売したという。これは1分間に2.5台売れた計算になる。各店舗では約30台のノートPCを用意していた。18日だけで、デスクトップ7500セットが販売された。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社