お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

片手に乗るWindows XP搭載パソコン登場

2003/10/27 11:39
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国の新興企業Antelope Technologiesは来月、手の中に収まるサイズのWindows XPマシンをリリースする予定だ。

 同社のMarya Kokaskaによると、Antelopeは「モジュラーコンピューティングコア(MCC)」と呼ばれるこのPCの販売を11月7日より開始する計画だ。

 元々2002年に発表されたこのMCCは、3インチX5インチという、ほぼPalmの携帯端末と同じ大きさで、厚さは約1インチでありながら、Windows XPが動作する完全なPCとなっている。

 超小型コンピュータは、以前としてニッチな市場である。ミニノート型PCは、重さ約2ポンド(約900グラム)で10〜12インチの液晶画面を搭載するものを指すが、こうしたPCの売れ行きは、それほど芳しくない。だが、こうしたノート型PCでまず登場する設計に関するアイデアは--たとえば、三菱製の結局失敗に終わったPedionではじめて世に出されたメタルケースのようなものは、後々主流になることが多い。

 MCCは3970ドルで、デスクトップクレードルと折りたたみ式のキーボード、携帯性を向上させるためのスリーブ、キャリングケースなどが付属し、主として企業ユーザーをターゲットに販売を進める。

 Antelopeはこのマシンの予約注文をすでに受付始めている。Kokaskaによると、当初供給できる台数は限られているが、同社は来年には毎月1000から2000台を出荷したいと考えているという。

 MCCは、米IBMが設計したミニコンピュータ「Meta Pad」をベースにしている。IBMでは自社でこのプロジェクトを続行する代わりに、Antelopeにライセンスを供与していた。

 MCCは米Transmetaの1GHz Crusoeプロセッサ、256MBのメモリ、10GBまたは15GBのハードディスクを搭載し、重さは9.1オンスとなっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社