お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

[ブックレビュー]ヒットを支えた驚異のメモ術----「仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。」

2016/02/20 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かんき出版
詳細:単行本(ソフトカバー) / 253ページ / かんき出版 / 価格:1512円 / 著者:小西 利行 / 発売日:2016/01/20 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×13.0cm×1.4cm / 重量:0.2kg
内容:会議、打ち合わせ、アイデア出し――と、ビジネスパーソンはメモを取る機会が多い。しかしあとから内容がわかればいいと思っていたメモ書きに「メモ術」を加えることで、大きな変化が生まれる。コピーライトとして多くのヒット商品を生み出してきた著者が披露するとっておきの仕事術。
Amazon.co.jpアソシエイト

  「メモの取り方」を、わざわざ習う機会はあまりない。初めて仕事の説明を受けるとき、会議のとき、クライアントとの打ち合わせのとき・・・…。メモを取る際、後で読み返す自分さえ、何が書いてあるか分かればそれでいいと思うのが普通だ。しかし、「内容が分かればいい」だけではない使い方が、メモにはあったのだ。

 本書には、コピーライターの小西利行氏が編み出してきたメモの取り方が、丁寧に、しかし簡潔に書かれている。小西氏が、常に多くのプロジェクトを抱えた状態でも、混乱することなく、的確な指示を出し、数々の有名なコピーを生み出す中で、欠かせない存在なのが「メモ」だったという。しかし、そのメモには、単に内容を整理するという目的以外にも役目があり、それらを総称して「未来メモ」と呼んでいるそうだ。

 もちろん、メモに持たせる役割を増やすために必要とされる、メモの書き方についても、記号の使い方から、図の書き方まで、氏のメソッドを余すところなく伝授してくれているので、今まで漫然とメモを取ってきた人にとっては、ハッとすることになるだろう。本書の後半では、小西氏と伊坂幸太郎氏との対談で、「作家のメモの取り方」という貴重な話が読める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社