お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デュアルカメラ搭載「iPhone 7 Plus」は登場するか?--Appleの関連特許が公開

2016/03/11 16:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国太平洋時間3月21日午前10時、カリフォルニア州クパチーノの本社でイベントを開催する。その際「iPhone」や「iPad」の新モデルを発表するかもしれない。ちまたで流れている情報によると、同イベントでカメラを2つ搭載するデュアルカメラモデルの「iPhone 7 Plus」が登場するという。

 うわさの真偽は当日にならないと判断できないが、Appleはデュアルカメラ技術を考案済みだ。同社がこの技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間1月7日に「MOBILE CAMERA SYSTEM」(公開特許番号「US 2016/0007008 A1」)として公開された。出願日は2015年6月30日。

公開されたAppleの特許(出典:USPTO)
公開されたAppleの特許(出典:USPTO)

 この特許は、多機能デバイスに搭載された2つの異なるカメラで同時に撮影する技術を説明したもの。両カメラの相違としては、焦点距離、動画撮影時のフレームレートなどがクレーム(請求項)で挙げられている。撮影タイミングが異なる場合についてのクレームもある。

デバイス上部に2つのカメラ(164a、164b)があり、異なる範囲をとらえる(出典:USPTO)
デバイス上部に2つのカメラ(164a、164b)があり、異なる範囲をとらえる(出典:USPTO)

 特許の図「FIG. 4」を見ると、iPhoneとおぼしきスマートフォンの画面が上下に2分割され、上部に広角レンズでとらえた画像、下部に上の画像の一部が拡大表示されている。これは、焦点距離の異なる2つのカメラで撮影した画像を、1つの画面にまとめることでさまざまな機能を提供するわけだ。

2つの異なるカメラの画像を1つの画面に表示(出典:USPTO)
2つの異なるカメラの画像を1つの画面に表示(出典:USPTO)

 スマートフォンに限定した特許でないので、同イベントで発表がうわさされる小型「iPad Pro」にも適用可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社