お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アップル、イベントを米国時間3月21日に開催--「iPhone SE」や9.7インチ「iPad Pro」登場か

2016/03/11 07:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国太平洋時間3月21日午前10時、カリフォルニア州クパチーノにある同社本社でイベントを開催する。同社は3月10日、このイベントへの招待状を送付しており、招待状には「Let us loop you in」(皆さんを交えて情報共有をさせてください)と記されている。

 この「Loop」という語は、何か特別な意味で使われているのだろうか。Appleが、3月22日にカリフォルニア州リバーサイドの裁判所で開かれる審問に報道陣を移動させるハイパーループをリリースするという意味か。いや、それはないだろう。それよりも、「Apple Watch」の新しいバンドが登場することや、Appleが「iPod」で採用したループストラップが復活することを意味するという方がまだ可能性が高そうだ。

 2つの製品が、同イベントで発表されると広く予測されている。1つめは、9.7インチの「iPad」の後継機種、2つめは、Appleが最も低価格のエントリーレベルモデルとして提供する「iPhone 5s」に代わる4インチの小型「iPhone」だ。

 Appleが初代Apple Watchを発表してからほぼ1年が経つが、第2世代モデルの発売は2016年後半までなさそうだ。その代わりにApple Watchに対しては、新しいバンドや文字盤といったマイナーアップデートに加えて、ソフトウェアアップデートがおそらく登場するだろうと予想されている。Apple Watch、そして、「Apple TV」「iOS」のソフトウェアアップデートはベータ版で提供されているが、まだ正式にはリリースされていない。

 Appleにとって今回のイベントは、複数の分野で抱える問題が大きく報道される中で、同社の専門分野であるハードウェアに世間の関心を再度集める機会である。iPhone販売の成長が頭打ち傾向になるに伴って同社の株価は低迷しており、また同社は、セキュリティ、プライバシー、暗号化を巡る米政府との対立で広く世間をにぎわせている。

 次期「iPad」に関するうわさによると、発表されるのは9.7インチの「iPad Pro」で、独自のスマートコネクタポートを装備し、「Apple Pencil」をサポートするという。一方、「iPhone SE」は「Apple Pay」対応の4インチiPhoneになる見込みで、大画面搭載「ファブレット」がますます市場を占有する中、ポケットサイズの端末を好むユーザーが待ち望んでいたものだ。

 他にも何かサプライズがあるかもしれない。それが明らかになるのも、もうまもなくである。

Appleが米国太平洋時間3月21日午前10時にカリフォルニア州クパチーノにある同社本社で開催するイベントの招待状
Appleは米国太平洋時間3月21日午前10時、カリフォルニア州クパチーノにある同社本社でイベントを開催する。 提供:Screenshot by Shara Tibken/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社