お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

楽天カード、手話や筆談で会話する「手話通訳サービス」を開始

2016/03/03 18:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天カードは3月3日、プラスヴォイスと提携し、聴覚や言語が不自由な楽天カード会員からの問い合わせに対し、ビデオ電話を活用した「楽天カード 手話通訳サービス」を開始したと発表した。

 手話通訳サービスは、プラスヴォイスのオペレーターがカード会員と手話や筆談で会話し、楽天カードのオペレーターに内容を通訳するサービス。会員は、SNSなどのアカウントを登録してビデオ電話に接続でき、オペレーターとスムーズかつリアルタイムなコミュニケーションが可能。

サービスのイメージ
サービスのイメージ

 対象となるビデオ通話は「Skype」「LINE」「FaceTime」の3サービス。サービス提供時間は、9時30分~17時30分。携帯電話、スマートフォンの利用料やインターネットの接続料など、通信にかかる費用は楽天カード会員の負担となる。

 同社によると、従来は会員からの問い合わせに対し、会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」やEメールで対応していたという。しかし、会員の親族や知人が代理人としてコールセンターに問い合わせることもあるため、会員が直接オペレーターとコミュニケーションできるよう、手話通訳サービスを開始したとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社