お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

“木材”を利用した3Dプリントサービス--Rinkakが4月28日に開始

2015/04/28 17:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カブクは4月28日より、3Dプリント製品のマーケットプレイス「Rinkak(リンカク)」にて、新素材「ウッドライク」を使用した3Dプリントサービスを開始した。ウッドライクは間伐材を原料にしており、環境に配慮した材料だという。


 Rinkakは、3Dデータをアップロードするだけでプロダクトの製造・販売ができるサービス。プロダクトは受注ごとにオンデマンドで製造されるため、ユーザーは在庫を持つことなく販売できるのが特徴。プラスチックや陶器、金属、ラバーなどの素材に対応している。

 同社では、新素材のローンチを記念して、Rinkakに出品されている作品の一部をウッドライク素材で3Dプリントし、専用サイトで発売。記念キャンペーンとして、Rinkak上の購入・試作がすべて20%OFFになるクーポンも配信している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社