お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米AOLのQ2決算、黒字を拡大したがAOL事業は不調

2003/07/24 17:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米AOL Time Warnerは米国時間7月23日、2003年第2四半期の決算を発表した。売上高は前年同期比6%増の108億ドル。純利益は11億ドル(希薄化後の1株当たり利益は23セント)で、前年同期の3億9400万ドル(同9セント)から大幅に黒字を拡大した。

 当期の業績を主に支えたのは伝統的なメディア事業だ。特に「マトリックス・リローデッド」といったヒット作品で売上を伸ばした映画事業が貢献した。また、ケーブルTV番組のHBOや雑誌事業なども好調な業績を収めた。

 事業別売上高は、Filmed Entertainment事業が28億ドル、Cable事業は19億ドル、Networks事業が22億ドル、Music事業が11億ドル、Publishing事業が14億ドルとなった。America Online(AOL)事業の売上高は21億ドルだった。

 America Online(AOL)事業は会員数の減少に苦しんでいる。2003年6月末時点の米国会員は2530万人で前期から84万6000人減少。欧州会員は620万人で前期から5万2000人減少した。また、オンライン広告およびコマースの収入は前年同期比48%減となり、その他の収入も同62%減少した。

 AOLはサービスの刷新により会員の減少に歯止めをかけようとしている。今夏にはオンラインサービスの新版、AOL 9.0 Optimizedをリリースする予定である。

 同社は、2003年通期のAOL事業の売上見通しについて、横這いとする従来の予測を、10%未満の減少に下方修正した。なお、AOL Time Warnerの総売上高は2002年通期の410億ドルから5%前後増加する見通しだという。

 またAOL Time Warnerは、ドイツのBertelsmannとの2件の広告契約による収入の処理が不適切だった可能性があると、証券取引委員会(SEC)から指摘を受けたという。AOL Time Warnerは「当社の会計報告は適切だった」と主張している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社