お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アドビ、「Flash Media Server」の新版で値下げへ--「Flash Player 9」正式版も公開

2007/12/04 18:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは米国時間12月4日、ウェブで動画をストリーミング配信するサーバソフトの大幅値下げを発表した。

 2008年1月にリリース予定の「Flash Media Server 3」には、2つのバージョンが用意され、「Flash Media Streaming Server 3」が995ドル、「Flash Media Interactive Server 3」が4500ドルで販売される。

 現行バージョンのFlash Media Serverは、4500〜4万5000ドルで販売されている。

 AdobeのMedia Server担当プロダクトマネージャー、Kevin Towes氏は、顧客の要望に応えて値下げすると述べた。「われわれは以前から、プログレッシブダウンロードによる動画ストリーミング(ダウンロードしながら再生可能にする配信方法)の導入コストが障害になっているという声を聞いていた」

 新しいFlash Media Serverはまた、動画ストリーミングの運用コストも削減するよう設計されており、サーバのネットワークカードをより効率よく活用できると、Towes氏は述べた。1Gビットのネットワークカードを装備した典型的なメディアサーバで同サーバソフトを使う場合、約2000人のユーザーに配信可能だという。

 また、Adobeは同日、高精細動画の圧縮標準規格H.264に対応するブラウザプラグイン「Flash Player 9」をリリースした。

 Flash Playerは、動画ストリーミングに広く利用されている。ただし、Microsoftも、Flash Playerのライバルとなるブラウザプラグイン「Silverlight」を投入しており、デジタルメディア市場での競争が激化している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社