お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

インテル、Centrino向けの802.11b/g統合コンポーネントを大量出荷へ

2004/01/16 09:38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、パソコンメーカーがノートPC製品で最新のWi-Fi標準を利用できるよう、Centrinoチップバンドル用のWi-Fiコンポーネントを新たに追加した。

 Intelは予想通り15日(米国時間)に、Intel Pro/Wireless 2200BG部品をPCメーカー向けに大量出荷する予定だと発表した。同社は昨年末、PCメーカー向けにこのサンプルを出荷していた。このコンポーネントを使うことで、Centrinoを採用したPCは、802.11bと802.11gのどちらのネットワークにも接続できるようになる。

 Intelは、他社との差別化をはかり、同社チップに機能を追加する方法を模索しつづけるなかで、Wi-FiネットワークとCentrinoパッケージに大きな期待を寄せている。このIntel Pro/Wireless 2200BGコンポーネントで、Intelや提携パソコンメーカーは、Wi-Fi市場で最も人気の高いセグメントに参加できるようになる。802.11g標準採用製品のセグメントは、Intelが今まで参加していなかった分野だ。

 「Wi-FiはノートPCから携帯端末まで、さまざまな製品に影響を与えている。Centrinoは、真に統合されたソリューションを実現する唯一の方法を提供する」と、Intelのバイスプレジデント、Jim Johnsonは述べている。

 802.11g標準を採用した製品は、同標準が昨年承認されて以来、802.11b標準とそれに対応した機器がもたらした勢いに乗っており、市場は2倍以上に成長している。

 Intelによると、IntelのCentrino技術に最初に802.11gコンポーネントを追加するメーカーは富士通、松下電器、NEC、ソニー、東芝などで、他のメーカーも今四半期中にコンポーネントを追加する見込みだという。

 この新コンポーネントは通信用チップと無線チップの2つで構成されており、1万ユニットの大量出荷時では1コンポーネントあたり25ドルで販売される。

 同社は802.11a/b/gの統合コンポーネントもスケジュール通り準備を進めており、今年前半に発売できる見込みだ、とJohnsonは述べている。

 スケジュール通りに進んでいないのは、次世代Penitum MノートPC用プロセッサ(コード名「Dothan」)だ。Dothanは回路設計を変更するため、もともと2月半ばとされていた出荷予定が、2004年第2四半期に延期された。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社