お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フォトレポート:負傷兵を救出するレスキューロボット

2006/09/22 16:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 危険な作業でロボットの利用を目指す最新の取り組みとして、負傷兵を戦場から救出するロボット「BEAR(Battlefield Extraction and Retrieval Robot)」をVecna Technologiesが発表した。同社によると、現在はまだプロトタイプだが、実際の兵士と同体重のマネキン人形を持ち上げ、直立したまま50分以上連続で運ぶことが可能だという。
 危険な作業でロボットの利用を目指す最新の取り組みとして、負傷兵を戦場から救出するロボット「BEAR(Battlefield Extraction and Retrieval Robot)」をVecna Technologiesが発表した。同社によると、現在はまだプロトタイプだが、実際の兵士と同体重のマネキン人形を持ち上げ、直立したまま50分以上連続で運ぶことが可能だという。
Scroll Right Scroll Left

 危険な作業でロボットの利用を目指す最新の取り組みとして、負傷兵を戦場から救出するロボット「BEAR(Battlefield Extraction and Retrieval Robot)」をVecna Technologiesが発表した。同社によると、現在はまだプロトタイプだが、実際の兵士と同体重のマネキン人形を持ち上げ、直立したまま50分以上連続で運ぶことが可能だという。

提供:Vecna Technologies

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社