お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

運用方法やメリットから理解する「スマホ動画リワード広告」--導入事例も紹介

2016/03/01 14:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「動画元年」という言葉を聞いてからすでに数年が経ちますが、2015年から2016年にかけて、特に各広告事業者による動画周りの発表を目にすることが多くなりました。読者の皆さんも、毎日のように利用するFacebookやYouTubeで、動画形式の広告が増えてきていると感じるのではないでしょうか。

 こちらのデータのように、動画広告は市場予測として、今後も大きく成長傾向にあるとされています。

動画広告の市場予測

 スマホ向け動画広告市場は高い伸びが予想される
 2015年→2016年:+72%
 2016年→2017年:+49%

2015年10月 サイバーエージェント社
2015年10月 サイバーエージェント社
2015年10月 サイバーエージェント社
2015年10月 サイバーエージェント社

 現在、インストリーム広告、インフィード広告など、さまざまな形式の動画広告が存在しますが、スマートデバイスにおける動画広告の伸長は目覚ましいものがあります。その中でも動画リワード広告という手法が注目されています。

動画リワード広告とは

 動画リワード広告とは、ユーザーに対してインセンティブ(アプリ内アイテムや、コンテニューなど)を付与する代わりに、15秒から30秒の動画を見せることができる広告のこと。現在、ゲームアプリで多く利用されている広告手法ですが、ツールアプリでも利用が広がっています。

 ※アプリのインストールに対してインセンティブを付与する手法ではなく、動画視聴完了に対してインセンティブを付与する広告となります。そのため、Apple、Googleなどプラットフォームの規約に触れるような仕組みではありません。

2016年2月 当社SSP「AdStir(アドステア)」媒体資料
2016年2月 当社SSP「AdStir(アドステア)」媒体資料

 この動画リワード広告において、広告主、デベロッパー(アプリ提供者)、ユーザーの3方向のメリットは下記となります。


 加えて、下記のようなユーザー傾向も、動画リワード広告が注目される背景の1つと考えられます。

  • ウェブブラウザの閲覧時間より、アプリの利用時間の方が長い
  • スマートフォンユーザーの月間利用アプリの中でゲーム・動画アプリの利用率が高い
  • スマートフォンユーザーの動画接触率は高く、動画視聴へのハードルが低い
「スマホアプリ利用状況」2014年10月 ニールセン調べ<br>
「国内動画メディアの接触率調査」2015年8月 サイバーエージェント調べ
「スマホアプリ利用状況」2014年10月 ニールセン調べ
「国内動画メディアの接触率調査」2015年8月 サイバーエージェント調べ

 スマートフォンユーザーはアプリの利用時間が長く、その中でもゲーム・動画アプリの利用比率は高い傾向にあります。動画広告の視聴自体にユーザーメリットを持たせることが可能で、スマートフォンの全画面を使って15~30秒のリッチな動画広告を視聴させられる動画リワード広告は、現在のスマートフォンユーザーに適した広告手法であると言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社