お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

スワイプでメモを素早くメール送信--iPhone向けインスタントメモアプリ「Swipy」

2012/10/07 09:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Swipy Notes
価格: 無料(2014年09月22日時点)
おすすめ度:

3.0

  • 開発:Theodoros Koularas
  • カテゴリ:仕事効率化

 Swipyは、テキストを入力した後で、画面をスワイプするだけで、内容を自分宛てにメールで送信するかDropboxに保存できるインスタントメモアプリだ。画面上には、常に1つのメモしか表示されず、アプリ内ではメモの整理などもできない。機能は、素早くメモやアイデアを書きとめて保存する、という用途に絞られているが、その分動作は早い。タスクを自分宛にしょっちゅうメールするという人や、Dropboxにアイデアを書きためておくという人にピッタリだ。

  • 初めてSwipyを起動すると表示される画面。画面をスワイプして、DropboxまたはGmailアカウントを設定しよう

 使い方はとても簡単だ。Swipyを起動すると、DropboxまたはGmailのアカウントの設定をするように促すメッセージが表示される。GmailアカウントのIDおよびパスワードを入力して、Gmailアカウントを設定するか、Dropboxとの連携認証を許可してDropboxとの連携を設定する。必要に応じて、入力画面でDropboxまたはメールアイコンをタップして、送信先を選択する。両方のアカウントを設定した場合は、メール送信がデフォルトの設定となる。

 テキストを入力したら、画面をスワイプすると、送信中の画面が表示される。送信が完了すると、メモ帳のページをめくるように、まっさらな入力画面が表示される。メールで自分宛に送信したのなら、メールの受信箱を確認すれば、Swipyに入力した内容がメールで届いているのを確認できるはずだ。Dropboxを保存先に指定した場合は、Dropbox内に「Swipy」という名前のフォルダが作成されるので、その中を確認すると、テキストファイルが保存されていることが確認できる。

 保存先がDropboxの場合は、写真を添付することも可能だ。クリップのアイコンをタップすると、カメラロールやアルバムから写真を選択できるので、添付する写真を選択する。写真が添付されているのが確認できるだろう。ただし、写真とテキストは、別々に保存されるため、厳密には、どのテキストに添付された写真なのかは、ファイル名(拡張子のみが異なる同じファイル名になる)で判断するしかない。

 メールの受信箱というのは、今や毎日必ず何度も確認する場所となっているため、受信箱をToDoリスト代わりに使う人も多いだろう。自分宛にメールを送信するのに、わざわざ自分のメールアドレスを選択して入力したり、送信ボタンをタップしたりするのは面倒だと常々感じている人なら、スワイプするだけの手軽さがうれしいと感じるに違いない。

  • アカウントの設定が終わると、ボタンの色が赤から緑に変わる。エラーになる場合は、何度かやり直すとうまくいくだろう

  • 画面丈夫中央にあるDropboxまたはメールアイコンをタップして、どちらに送信するかを選択する。デフォルトではメールで送信される

  • 画面をスワイプすると表示される送信中の画面。送信が完了すると、何も入力されていない新しい入力画面が表示される

  • 保存先がDropboxの場合は、写真を添付できる。画面右上のクリップのアイコンをタップして写真を選択する

  • iPhone標準の設定画面から、Swipyを選択すると表示される設定画面。クリップボードの内容を自動的にSwipyに貼り付けるか否かを設定できる

>>Swipyのダウンロードはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

App記事ランキング

注目のキーワード

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社