情報漏えい件数、2021年に再び過去最高を記録

バラクーダネットワークスジャパンは、コラム「 情報漏えい件数、2021年に再び過去最高を記録」を公開しました。

###

2022年1月11日、Mike Vizard

2021年に起きた情報漏えいが記録的な数になることは現時点で間違いないでしょう。米国のIdentity Theft Resource Center(ITRC)の報告によると、2021年9月30日までに発生した情報漏えいの総件数が、すでに2020年の総件数を17%上回っています。Log4jのようなゼロデイ脆弱性により、この数字はさらに増えると考えられます。

2021年で最も深刻だった情報漏えいは、サイバーセキュリティアナリティクス企業Cognyteが収集したデータが50億件も流出していたこと、そしてLinkedInユーザー約7億人の個人データがダークウェブで売りに出されていたことです。これまでの漏えい件数を見ても、この2件はいずれも上位10位以内に入るほど記録的な数字となっています。

この続きは以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]