logo

セキュアなクラウド統合を完了するための最後の難関を突破する

バラクーダネットワークスジャパンは、コラム「セキュアなクラウド統合を完了するための最後の難関を突破する」を公開しました。

###

2021年3月24日、Chris Hill

最近、クラウドセキュリティは非常に成熟していますが、多くの企業は完全に統合された完全にセキュアなクラウドプラットフォームに移行するための最後の難関を依然として突破していません。

ほとんどの企業にとって、コロナウィルス(COVID-19)パンデミックと在宅勤務への急速な移行によって、IT戦略の方向性は、変化しているのではなく、加速しています。

大多数の企業はクラウドインフラストラクチャを把握および保護しています。この理由の一つは、オンプレミスインフラストラクチャの保護から引き継ぐことができる知識が多いためです。クラウドでは、オフィスネットワークと同様、ファイアウォールが必要です。企業は、適切なセキュリティを導入しており、アプリケーションとそのさまざまなAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を定期的にチェックしています。また、主要なベンダがインフラストラクチャを保護し、企業がインフラストラクチャに導入しているアプリケーションを保護するという共同責任モデルも理解しています。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]