logo

ディープフェイクが企業のセキュリティにもたらす可能性がある問題

バラクーダネットワークスジャパンは、コラム「ディープフェイクが企業のセキュリティにもたらす可能性がある問題」を公開しました。

###

2021年3月17日、Phil Muncaster

最近、トム・クルーズがゴルフをし、手品を披露し、ロリポップを食べるところをTikTokで撮影したビデオがウィルスのようにすぐに拡散しました。このビデオは、削除されるまで、ソーシャルメディアで1,100万回以上再生されました。しかし、鋭い視聴者は、このビデオが、「ミッション:インポッシブル」の俳優自身のものではなく、ベルギーの視覚効果アーティストであるChristopher Umeとクルーズの物真似をするマイルズ・フィッシャーのコラボレーションであることにすぐに気づきました。

では、このビデオは、単なる悪ふざけなのでしょうか。あるいは、インターネット上の情報をまったく信じることができないデジタル処理で改ざんされた将来に関する懸念の可能性なのでしょうか。Ume自身は現在のディープフェイクテクノロジがどれほど巧妙になっているかを知ってほしかったと述べています。CISO(最高情報セキュリティ責任者)は、今後数年間、攻撃者が、このテクノロジによって、優位に立つ可能性があることに気づく必要があります。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]