logo

当社のマルチ決済端末を組み込んだ「キャッシュレス機能付自動券売機」を千葉銀行様、琉球銀行様2行が採用

株式会社アイティフォー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤 恒徳)は、株式会社千葉銀行(本店:千葉県千葉市、取締役頭取:佐久間 英利)様が当社のマルチ決済端末「iRITSpay決済ターミナル」を組み込んだ「キャッシュレス機能付自動券売機」について、「TSUBASAアライアンス」で連携する株式会社琉球銀行(本店:沖縄県那覇市、取締役頭取:川上 康)様、ならびに東芝テック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:錦織 弘信)様と共同で開発、各行様が取り扱いを開始したことを本日発表します。第1弾として、琉球銀行様が自行の行員食堂ならびに那覇市役所(所在地:沖縄県那覇市、市長:城間 幹子)様の窓口に設置しました。



◆背景
国内では新型コロナウイルス感染症の影響を受け、無人決済、非接触決済に対するニーズが高まり、加盟店でのセルフオーダー・キャッシュレス決済の導入が急速に拡大しています。
アイティフォーは、千葉銀行様、琉球銀行様、東芝テック様との4社で、加盟店に提供する「キャッシュレス機能付自動券売機」を共同開発しました。

◆導入概要
「キャッシュレス機能付自動券売機」は、東芝テック社製のタッチパネル式券売機に、当社のマルチ決済端末「iRITSpay決済ターミナル」を組み込んだもので、クレジットカード(磁気カード・ICカード、非接触ICカード)、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー、コード決済に対応しています。飲食店やスポーツ施設、行政窓口などに設置されている「前払券売機」と、ゴルフ場などに設置されている「後払自動精算機」の2種類があり、様々な業態の事業者で利用が見込まれます。
今回、当券売機展開の第1弾として、琉球銀行様行員食堂ならびに那覇市役所ハイサイ市民課、市民税課窓口に設置。琉球銀行様の「キャッシュレスアイランド」の取り組みの一環として、沖縄県内を中心に順次に拡大していくことで、利用者へのサービス向上を図ります。

◆今後について
今後「キャッシュレス機能付自動券売機」は、千葉銀行様、「TSUBASAアライアンス」参加行をはじめとしたアクワイアラを通して加盟店に展開していきます。当社では引き続き、国内のキャッシュレス決済促進に向けてサービスや開発を強化することで、アクワイアラや加盟店のキャッシュレス化の取り組みをご支援してまいります。

[画像: リンク ]



【製品紹介URL】
キャッシュレス決済サービス「iRITSpay」
リンク

【プレスリリースURL】
リンク

【報道機関からのお問い合わせ先】
広報部 TEL:03-5275-7914  E-mail: kouhou_ml@itfor.co.jp

【株式会社アイティフォーの概要】
代表者:代表取締役社長 佐藤 恒徳
本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
事業内容:システムインテグレーター(システム構築)  東証第一部(4743)
電話:03-5275-7841(代表)
URL:リンク

このプレスリリースのコンテンツはご自由にお使いください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]