logo

新しいグローバルなeスポーツリーグWorld Super League(WSL)の開催を発表!

株式会社テクノブラッド(本社:東京都台東区、代表取締役:柳日栄、以下テクノブラッド)は、同社が主催するグローバルeスポーツリーグ「World Super League、以下WSL」の発足を12月16日に公式発表いたしました。

WSLは、世界92か国が加盟する国際eスポーツ連盟(IESF)公認のもと、世界最高のeスポーツ選手が参加するグローバルeスポーツ大会です。先日11月30日に、IESFが釜山で開催した世界eスポーツサミット(GEES 2020)にて最初の大会日程を公開いたしました。
WSLのスローガンは「The Esports you Making!」で、ファンが作っていくeスポーツ大会という意味が込められています。ファンの意見を反映して大会開催地・種目・出場選手などを選定します。
WSLは、アジア-オセアニア・アメリカ・ヨーロッパ・中東アジア-アフリカの、4つのディビジョンで地域大会を行い選手を選抜いたします。誰でも参加できるオープントーナメントと、ファンの投票によって人気選手を招待するインビテーション方式を並行して行います。来年末にはグローバルファイナルにて世界最高を決める予定です。
第1回大会は正式種目5種目とデモンストレーション競技3種目の計8種目で、2021年に開始いたします。代表選抜の詳細は、2021年5月頃に発表予定で、初年度のグローバルファイナルは韓国で開催されます。賞金総額の規模は45万ドル(約5千万円)です。


[資料: リンク ]
当社代表の柳は、「WSLはファンとの交流で作っていくグローバル規模のeスポーツ大会」であり、「eスポーツファンなら世界中の誰もが参加して楽しむことができる大会になるだろう。」と述べました。
WSLを主催するテクノブラッドは、eスポーツ黎明期から様々なeスポーツ大会を運営し成功に導いて参りました。2002年から2013年までは、World Cyber Games(WCG)の日本運営を引き受け、2012年から2016年までの東京ゲームショウでのeスポーツイベントCyber Games Asia(CGA)では共同開催いたしました。また、ネットカフェ公認大会「TechnoBlood CUP」やPUBGのオンラインイベント「PUBG TechnoBlood イベントマッチ」の運営など、eスポーツ事業を活発に展開しています。

WSL大会に関する情報は、下記YouTubeリンクからご確認ください。
リンク
**************************************************************************
テクノブラッドは今後も、オンラインゲームのオフラインコミュニティ形成の場所として様々な施設を
活用し、施設とゲーム開発事業者の双方がメリットを得られるサービスの開発と提供に努めてまいります。
■テクノブラッド会社概要
会社名:株式会社テクノブラッド
所在地:〒111-0051東京都台東区蔵前3-1-10蔵前セントラルビル6F
代表者:代表取締役 柳日栄
設立:1999年2月5日
事業内容:デジタルコンテンツに関わる総合事業
1.オンラインゲームのネットカフェ・eスポーツカフェパブリッシング
2.ネットカフェ・eスポーツカフェ向けソリューション販売、運営
3.eスポーツのイベント企画、運営
4.VRコンテンツプラットフォーム「バーチャルゲート」の企画、運営
URL:リンク
**************************************************************************
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社テクノブラッド
電話番号:03-5835-5867
メールアドレス:wsl_pr@technoblood.com
**************************************************************************
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]