logo

日本橋の街を舞台に「宇宙」をテーマにしたエンターテイメントイベント「NIHONBASHI THE SPACE」開催


イベントのポイント
・宇宙をテーマとしたエンターテイメントイベントを日本橋で初開催いたします。
・野口聡一宇宙飛行士が搭乗するクルードラゴンの打ち上げや「はやぶさ2」の帰還、ふたご座流星群の極大など、今年の冬の宇宙のビッグイベントと連携した展開を行います。
・「宇宙」は日本橋再生計画第3ステージの重点構想「新産業の創造」の注力分野の一つであり、本施策はその「宇宙」をテーマとした初のB to C向けイベントです。

 三井不動産株式会社は、ECOEDO日本橋実行委員会、一般社団法人日本橋室町エリアマネジメント共に、「日本橋再生計画」を推進する日本橋の街で、「NIHONBASHI THE SPACE 」を初開催いたします。「NIHONBASHI THE SPACE」は、「宇宙」をテーマにしたアート&エンターテイメントベントです。

 当社は「日本橋再生計画」の重点構想「新産業の創造」の注力分野として「宇宙」を設定しており、日本橋には現在、「宇宙ビジネス拠点X-NIHONBASHI」や様々な宇宙関連企業が拠点を構えています。そうした拠点やプレイヤーの集積を背景に、今回初となるB to C向けイベント「NIHONBASHI THE SPACE」を開催する運びとなりました。日本橋では今後も、宇宙に関連するエンターテイメントや教育等、様々なコンテンツを展開していく予定です。(イベント特設サイト:リンク

リンク
「NIHONBASHI THE SPACE」キービジュアル

リンク
流星連動型イルミネーション「流星のクーポラ」

イベントコンテンツ詳細

(1)日本橋イルミネーションプロジェクトKIBOのひかりまちのメインコンテンツ「流星のクーポラ」
リンク
日 時:2020年11月25日(水)~2021年1月17日(日)
場 所:COREDO室町テラス大屋根広場
内 容:
“きぼう”をテーマにした日本橋イルミネーションプロジェクト「KIBOのひかりまち」内のメインコンテンツとなる「流星のクーポラ」を「NIHONBASHI THE SPACE」の一環として開催いたします。「流星のクーポラ」は流星連動型イルミネーションアートで、日本の上空で昼夜問わず平均15分に1回ほど観測されている肉眼ではとらえきれない流星を、テクノロジーで検知して可視化するものです。会場のQRコードを読み取って特設サイトに「願い」を投稿し、システムが流星を検知すると、投稿した「願い」がイルミネーションの特別演出とともに流星に届く仕組みです。
流星を検知すると、日本橋の街で使えるスペシャルクーポンがスマートフォンに届き、イルミネーションの神秘的な光に包まれながら、流れ星を見つけた時のときめきをお楽しみいただけます。

【体験の流れ】
リンク
【スペシャルクーポンの例】
リンク

※「流星のクーポラ」の由来
「クーポラ」とはイタリア語で教会建築に見られる半球形の天井のことで、国際宇宙ステーション(ISS)の観測用モジュールである「キューポラ(cupola・英)」の語源でもあります。上空を観測して流星を検知し、みなさんの願いや希望を届ける場になればという想いを込めました。
※リアルタイム流星観測システム『MeteorBroadcaster』
概要:リンク

(2) 宇宙メニュー&グッズ
リンク

日 時:2020年11月25日(水)~2021年1月17日(日)
場 所:COREDO室町1~3、COREDO室町テラス、日本橋三井タワー、マンダリン オリエンタル 東京
内 容:日本橋エリアの各店舗が「宇宙」「星」をテーマとした期間限定のグッズやメニューを展開いたします。

(3) 誠品生活日本橋「宇宙展」
リンク  リンク

場 所: COREDO室町テラス 2F 誠品生活日本橋イベントスペース「FORUM(フォーラム)」
内 容:昨年秋に日本に初上陸した話題の店舗、誠品生活日本橋において以下のコンテンツを展開いたします。

1.こども宇宙教室
お子様向けに、宇宙に関するトークライブを展開いたします。ここでしか聞けない宇宙の話に触れられます。参加者には「宇宙食」のプレゼントも!

(1)いまから知りたい!
   小惑星探査機「はやぶさ2」ってなに?
日 時:12月5日(土)15:00~16:00(予定)
ゲスト:寺薗淳也さん(元はやぶさプロジェクトチーム)

(2)いよいよ始まる宇宙旅行!
   宇宙での暮らしや食事とは?
日 時:12月12日(土)15:00~16:00(予定)
ゲスト:菊池優太さん(JAXA新事業促進部J-SPARCプロデューサー/(一社)SPACE FOODSPHERE理事)
詳細は公式サイトで11月25日(水)以降にご案内いたします。

2.宇宙展示
普段はなかなか目にすることのない、「宇宙食」や「衛星」・「ロケット」等の模型を展示します。
日  程:11月25日(水)~12月25日(金)
展示内容:
(1)宇宙日本食
(2)AXELSPACE社提供「超小型人工衛星GRUS1/1模型」
(3)インターステラテクノロジズ社提供
 「MOMO3号機1/8模型」「ロケット燃焼実験・打ち上げ実験用コントロールボックス」

3.宇宙ブックフェア
子供~大人向けまで、様々な宇宙関連本を紹介するコーナーを展開いたします。購入者にはノベルティのプレゼントも!
日 程:11月25日(水)~12月25日(金)

(4)スペシャルトークセッション
(1)クルードラゴン打ち上げ
  応援LIVE中継
野口聡一宇宙飛行士が日本人として初めて搭乗する新型宇宙船「クルードラゴン」運用初号機打ち上げのライブ&トークイベント。宇宙事業に係る方々をお招きし、解説付きで打ち上げの様子を観覧しました。
日 時:11月15 日(日)
ゲスト:山崎直子氏、稲川貴大氏、朴正義氏、MC青木源太氏
アーカイブ動画
リンク

(2)小惑星探査機「はやぶさ2」
  帰還直前トークイベント
12月6日(日)に帰還する、日本がその技術を世界に誇る「はやぶさ2」。その前日に関係者の方々をお招きしたトークイベントと、壮大なプロジェクトとチームの重厚な物語を描いた映画「はやぶさ 遥かなる帰還」の上映会をセットで開催いたします。
日 時:12月5日(土)
場 所:TOHOシネマズ日本橋
詳細は公式サイトで11月25日(水)以降にご案内いたします。

(3)第2回KIBO宇宙放送局 直前番組
  LIVE配信
国際宇宙ステーション(ISS)に開設した宇宙と地上を双方向でつなぐ世界で唯一の放送局「KIBO宇宙放送局」。12月31日(木)に配信予定の第2回目は、宇宙の初日の出をみんなで眺める「THE SPACE SUNRISE LIVE 2021」に挑戦。番組内のたくさんのチャレンジを紹介するプレ番組を、宇宙ビジネス拠点のある日本橋から配信予定です。
詳細は公式サイトで11月25日(水)以降にご案内いたします。

リンク

連携イベントのご紹介

光を上げよう!プロジェクト(連携イベント)
日 程:11月25日(水)~11月29日(日)
内 容:
新型コロナウイルス感染拡大の中、医療従事者並びにコロナ禍におけるエッセンシャルワーカーへの感謝、そして、コロナ終息への願いを込めて日本の中心日本橋から「希望の光」を空に向けて打ち上げます。当イベントは、イベント・スペース業界の有志が集まり、困難に立ち向かう皆様の背中を押したいと企画されました。NIHONBASHI THE SPACE・KIBOのひかりまちは当プロジェクトの主旨に賛同し、連携イベントとして同時期に日本橋から「希望のひかり」を発信してまいります。
幹事社:電通ライブ
参加企業:
Aggreko Japan 株式会社・株式会社アートブレーンカンパニー
株式会社シミズオクト・株式会社綜合舞台
株式会社ハートス・ヒビノ株式会社・PRG 株式会社
株式会社フルハウス・株式会社レイ
場所:COREDO室町テラス

「光を上げよう!プロジェクト」に関わる情報はこちら
リンク

リンク

イベント概要

NIHONBASHI THE SPACE
日 程:11月25日(水)~1月17日(日)
主 催:三井不動産株式会社
共 催:ECOEDO日本橋実行委員会、一般社団法人日本橋室町エリアマネジメント
後 援:JAXA(宇宙航空研究開発機構)
協 力:KIBO宇宙放送局
公式サイト: リンク (11月13日(金)ティザー公開/11月25日(水)本公開)

KIBOのひかりまち
日 程:11月6日(金)~2月14日(日)
主 催:ECOEDO日本橋実行委員会、一般社団法人日本橋室町エリアマネジメント
協 賛:
COREDO室町1(室町東三井ビルディング)、COREDO室町2(室町古河三井ビルディング)、COREDO室町3(室町ちばぎん三井ビルディング)、COREDO室町テラス(日本橋室町三井タワー管理組合)、東急不動産株式会社、日本橋三井タワー、日本橋三越本店、三井本館、YUITO(日本橋室町野村ビル)、YUITO ANNEX(浮世小路千疋屋ビル)、OVOL日本橋ビル他
後 援:中央区、中央区観光協会

宇宙メニュー&グッズ、誠品生活日本橋「宇宙展」、スペシャルトークセッション
日 程:11月25日(水)~1月17日(日)
主 催:三井不動産株式会社
協 賛:
亀田製菓株式会社、大正製薬株式会社、有限会社十勝スロウフード、日清食品ホールディングス株式会社、三基商事株式会社
協 力:
株式会社アクセルスペース、TOHOシネマズ日本橋、誠品生活日本橋、COREDO室町1~3、COREDO室町テラス、日本橋三井タワー、マンダリン オリエンタル 東京

■三井不動産の「日本橋再生計画」と「宇宙」について
三井不動産では、「残しながら、蘇らせながら、創っていく」を開発コンセプトに、官民地域一体となった「日本橋再生計画」を推進しています。「産業創造」「界隈創生」「地域共生」「水都再生」の4つのキーワードに基づいたハードとソフトの融合した街づくりを通して、賑わいの再生に取り組んでまいりました。
2019年には「日本橋再生計画第3ステージ」を発表し、「未来に続く街道の起点、日本橋」というビジョンの元、「豊かな水辺の再生」「新たな産業の創造」「世界とつながる国際イベントの開催」を3つの重点構想として、世界の課題解決につながる街づくりを目指しています。

■日本橋再生計画ビジョンについて

「未来に続く街道の起点、日本橋」
江戸時代の日本橋は、五街道の起点として、日本全国から人・もの・ことが集まり、それらの交流によって新たな産業や文化を生み出した非常にイノベーティブな街でした。そのような中心性ある街を、現代においては世界を舞台に再現したいと思います。
世界中から仲間を集め、交流し、未来に向けた新しい価値を、世界に向けて発信していく。その起点となる街を、私たちは目指していきます。

■日本橋再生計画第3ステージについて

《3つの重点構想》
⑴豊かな水辺の再生
⑵新たな産業の創造
⑶世界とつながる国際イベントの開催

上記の「新たな産業の創造」の重点領域のひとつが「宇宙」です。
宇宙での生活を考えることは、地球の課題解決にもつながる可能性を秘めています。我々三井不動産は日本橋において宇宙産業におけるイノベーション創出支援を行うことを通じ、地球の社会課題解決を目指していきます。

■三井不動産グループのSDGsへの貢献について
リンク
三井不動産グループは、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、人と地球 がともに豊かになる社会を目指し、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を意識した事業推進、すなわち ESG 経営を 推進しております。当社グループの ESG 経営をさらに加速させていくことで、日本政府が提唱する「Society 5.0」の 実現や、「SDGs」の達成に大きく貢献できるものと考えています。

*なお、本リリースの取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)における 4 つの目標に貢献しています。

目標3  すべての人に健康と福祉を
目標4  質の高い教育をみんなに
目標9  産業と技術革新の基盤をつくろう
目標11 住み続けられるまちづくりを

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]