logo

MSP(マネージドサービスプロバイダ)のエキスパートからの質問: コロナウィルス(COVID-19)関連のフィッシングからリモートワーカーを保護するには、どうすればよいか

バラクーダネットワークスジャパンはコラム「MSP(マネージドサービスプロバイダ)のエキスパートからの質問: コロナウィルス(COVID-19)関連のフィッシングからリモートワーカーを保護するには、どうすればよいか」を公開しました。

###

2020年9月3日、Doris Au

質問: 最近、顧客のリモートワーカーがフィッシングリンクをクリックしました。最終的には、攻撃を防止できましたが、特に、リモートワーカーがセキュアネットワーク内にいないことを考えると、フィッシングリンクは非常に厄介です。エンドユーザがフィッシングリンクをクリックしないようにするには、どうすればよいでしょうか。

この質問に関心を抱くMSPは少なくないでしょう。多くのMSPは攻撃につながる不明な送信元からのリンクをクリックする顧客のリモートワーカーに苦慮しています。リモートワーカーは現在のパンデミックの最新情報を知りたいと考えており、攻撃者はこのような欲求を悪用しています。攻撃者は、非常に注意散漫なリモートワーカーから機密情報または認証情報を盗み出すために、メールからソーシャルエンジニアリングまで、さまざまな攻撃ベクタでコロナウィルスに関連する高度なフィッシングを実行しています。

この続きは以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]