logo

「超初心者のためのブロックチェーンの学校」開催。ブロックチェーンをビジネス活用するには、何を知るべきか?技術の仕組み・種類・最新活用事例を解説!

9月10日開講・全6回 /Zoom ウェビナー(参加費無料)

アステリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下 アステリア)は、9月10日(木)よりオンラインセミナー「超初心者のためのブロックチェーンの学校」(全6回)を開催することを発表します。本セミナーでは、ブロックチェーン技術の仕組み、種類や活用事例を解説。技術の用途を正しく理解し、受講者が「ブロックチェーンを活用したビジネススキームを考えられるようになる」ことを目指します。



■セミナー概要

[表: リンク ]



[画像1: リンク ]

金融分野に限らず、ブロックチェーン技術は様々な分野での活用が検討されています。しかしながら、自社ビジネスでのブロックチェーン活用を検討するうえで、まず技術を理解するには専門用語や仕組みなどを理解する必要があり、どのような方法でビジネス活用を検討すればよいかが課題となります。このセミナーは、全6回の講義を通じてブロックチェーン技術を正しく理解し、ビジネスに生かすための基礎について解説。基礎編全3回・実践編全3回の全6回で構成され、関心のある講座を単発受講することも可能です。また、文系の方やIT領域に詳しくない方でもブロックチェーンという技術が理解できるように、具体的な事例を用いて解説します。

■講師プロフィール
奥達男(おく たつお)
アステリア株式会社 事業開発部(BizDev)
エバンジェリスト・ブロックチェーンコンサルタント


[画像2: リンク ]

ブロックチェーン技術の啓蒙及び技術適用された事業モデルの創生・推進、コンサルティング、提案、POC、技術の講義、サービス構築や他社主催セミナーへの登壇などを担う。一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)にて、トークンエコノミー部会部会長、ブロックチェーンエバンジェリストを務める

<参考情報>
■『アステリア株式会社』について( Webサイト リンク


アステリア株式会社(2018年10月にインフォテリアから社名変更)は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品のASTERIA Warpは、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に8,664社(2020年6月末現在)の企業に導入されています。また、Handbookは、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,575件(2020年6月末現在)の企業や公共機関で採用されています。

<プレスリリース 掲載URL>
リンク

アステリア、ASTERIA、Handbookはアステリア株式会社の登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]